どーも、お金の話だーい好きなおちょこです。

 

世間の平均年収に比べて自分は多いのか少ないのか気になるよね。でも、平均年収を見てるだけじゃ大切なことはわからないわよ~。さ、一緒に平均年収について見ていきましょー!

 

平均年収と中央値

平均年収

平均年収って何よ。ほんと当てにならない数字だよね。

だって年収300万円の人が10人いたら平均年収は300万円だけど、1000万の人がひとりいたら、平均は370万円。70万円もアップしちゃう。だから平均年収なんて当てにならないんだよね。

年収を50万円あげるのにも大変なのに(会社員の場合ね)、平均が自分より70万円も多かったら、「俺全然稼げてねーじゃん。。」なんて絶望しかねないでしょ。まあ70万くらいの差ならそこまで大したことはないけどね。日々のお金の使い方を見直すだけで、そのくらいの差ならある程度は埋められるからね。

話は戻って、程度に差はあれ自分の年収より平均年収の方が多ければ誰だっていい気持ちはしないよね。

でも、実際に周りの人に「あなたの年収いくらですか?」なんて聞くわけにはいかないから、世間の指標としては参考になる。

平均年収の中でも、世代別にしているものや男女別のものなどいろいろある。年齢や性別でかなり変動のある年収だから老若男女みーんなの平均だとあんまり参考にならないよね。

中央値

年収には平均の他に中央値ってのがある。知ってる?

中央値って何かと言うと、年収が低い人から高い人まで順番に並べていって、その一番真ん中にあたる数字が中央値。つまり、100人の人がいて、低所得のひとから高所得の人まで一列に並べた時に真ん中にいる人の年収が中央値ってわけ。

平均年収よりは中央値の方が現実に近いと言われているけれど、まぁその中央値だって正社員とパート混ざってる場合もあるし、男女も一緒のこともある。平均値が当てにならないのなら中央値は当てになるのかと聞かれたらそうでもない。

うーん。つまり、平均値だろうが、中央値だろうが世間で働いている人たちがどのくらい稼いでいるかなんてわからないし、自分が他の人より稼いでいるのかいないのかなんてわかるワケがないのよね。業種も違うしね。

自分が普通のサラリーマンなのにベテランの医者100人の年収聞けたとしても全く参考にならないでしょ?どうしても他の人の年収を知りたかったら、やっぱり「あなたの年収いくらですか?」と聞くしかない。でもねー、さすがに聞けないよね(笑)

だから、人の年収や平均なんて考えてないで、自分の収入からどのレベルの生活が出来て、どのくらいの貯金ができるのかを考えることが一番大事なわけ。

 

ウチの年収

うちの夫は、もう本当に超平凡。年収の話ね。まぁ見た目もか(笑)

26歳で転職して某上場企業の正社員となったわけですが、上場企業と言ってもがっぽりもらってるなんてことはないですよ。インセンティブによって変動しますが、毎月20万前後。良くても手取り26万くらいだったかな。全然もらえないときで19万。

3年目で結婚したんだけど、決して余裕があるわけじゃなかったですね。しかも貯金なし。子供が出来る前だったし、若かったこともあり、将来計画0で貯金しようなんて考えてませんでしたね。その当時は夫に家計をまかせていたので収入全部使ってました。ボーナスもすずめの涙って感じで、税金や保険払って終了です。うーん・・・戻れるものなら戻ってやり直したい。

 

今、我が家は夫婦+子供3人です。2016年度の年収は523万円でした。これは平均年収.jpさんの情報と照らし合わせてみると、35~39歳の平均が513万円だから、この値で言えば大体平均通りなんだけど、これは男女での統計だから男性だけで言うと平均はもう少し多いのかな。

5人家族でこの年収は結構厳しいです。節約しながら普通の生活する分には問題ないけど、子供に習い事させたり、貯金したりするには厳しい。子供も大きくなればなるほどお金かかってくるしね~。

 

ウチの夫は、自分が他の人よりかは稼いでいると勘違いしている。

 

「俺、結構稼いでると思うんだけどな~」

 

・・・・・・んあ?

 

確かに、同じ会社の中ではそうなのかもしれない。でも視野を広げると決してそうではないと断じて言える。なぜかと言うと、おちょこは主婦であり、ママ友が沢山いる。他のママと友を見てると確実にウチよりお金を持っている。

隣の芝生は青く見える現象も少しはあるかもしれないが、これは妄想ではなく実際にそうなのだ。主婦だから分かる。周りのママ友(専業主婦に限る)を見ていると、習い事をさせている、いつも新しくておしゃれな服を着ている、子供もいいところの服を着ているなど。

私は自分の服なんて何年も買ってません。買いたくてもお金ないからリアルに買えない。習い事もお金がないという理由でさせてません。本当はピアノをやらせてあげたいけど、やらさせてあげられない。子供の服はリサイクルショップで調達。なんか書いていたら悲しくなりましたね。

こう聞くと、おちょこの子供たちはひもじい思いをしてかわいそうだなぁなんて感じますか?でも収入は平均以上はあるんですよ。収入が平均くらいでもそれ以上でも、生活する当人たちが満足していなければお金がいくらあっても意味はないですよね。どのくらいの生活レベルで貯金をどのくらいするのがいいのか、参考にしてくださいね。

 

とりあえずウチの夫に言いたいのは、大口たたくなら年収700万円以上になってからにしろ(#・∀・)

 

おわりに

年収の平均値と中央値。見るなら年代別、さらに男女別ならなお参考になりますね。中央値ならさらに現実的。でも他人と比べるだけじゃ収入も貯金も増えないよ~。

平均ど真ん中のウチのお財布事情とご自分のお財布事情を比べてみて。いいところは吸収、悪いところは反面教師にしてねー。

 

読んでくれてありがと♪

 


スポンサーリンク






スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です