地獄の点鼻薬依存症を克服した私の方法。手術でも薬でもなく・・・




どうも~お金の話大好きなおちょこです。

突然ですが、私はかつて点鼻薬依存症でした。それはあることがきっかけだったのですが、今はそれを克服して点鼻薬とは無縁の生活をしています。

今回は点鼻薬依存症になって、悩みに悩んであることを決意し依存症を克服したお話です。

 

点鼻薬依存症になったきっかけ

私が点鼻薬を日々欠かせない生活になったのにははっきりとした理由があります。

それは第1子を妊娠したことがきっかけでした。

私はひどい花粉症でした。妊娠中に花粉シーズンが到来し、通っていた産婦人科に相談したところ「トーク」という点鼻薬が処方されたんですね。

妊娠中ですから、錠剤の薬は飲まずにこのトークを使うことになったんです。このお薬は確か1日に2回までという制約があったように思います。産婦人科で処方されたものだから、何の疑いもなくこのお薬を使ったのが悲劇の始まりでしたね。

初めてトークを使ったときは感動しました。

完全に詰まってた鼻が一気に開通し、詰まりから開放されたんですもん。すごい!感動!点鼻薬ってこんなにすごいんだ!と本当に感動しました。

このトークは血管収縮剤が入っているので、あっと言う間に鼻詰まりを解消してくれます。

ただ、血管収縮剤が入ってる点媚薬は薬剤性鼻炎を引き起こす原因なんですね。当時の私はそんなこと知る由もなく、用法用量をしっかり守ってましたが、毎日2回使ってあっという間にトーク1本を使いきってしまったんですね。

一度鼻がすぐに抜ける快感を味わうと鼻詰まりが今まで異常につらく感じて、トーク1本を使い切るころにはすでにトーク依存症状態になってたと思います。このトークを使ってしまったことが点鼻薬依存症になった一番の原因です。

この時私は妊娠中のため、錠剤の薬は飲んではいけないと点鼻薬だけで花粉シーズンを乗り切ろうと思っていたんです。トークがなくなって、次に産婦人科に検診に行ったときに処方してもらいました。ですが、なんとなく先生が曇ったような顔をしたのが気になって次の検診時は処方してもらわなかったんです。

私はスギもヒノキもあるので、なかなか花粉シーズンが終わりません。ですから、トークが無くなってつらい思いをしているときに市販の点鼻薬を手にしました。これが第2の間違いでした。

 

市販の点鼻薬

市販の点鼻薬とはナザールというものでした。血管収縮剤が入っているものです。お値段も600円前後で安く、使用感も申し分なし。これを使い始めて鼻詰まりは解消しましたが、ある時気付きます。

花粉シーズンが終わったのに、鼻詰まりが治らないことに。

 

でも、ナザールを使えばまたすっきりしますので使用することに抵抗感を持ちつつ使っていました。3時間の間隔をあけて1日6回までが使用限度なのですが、一日6回しっかり使ってましたね。

というより、3時間経つと鼻が詰まり始めてとても耐えられる状態じゃなくなってくるんです。ナザールしないと、ご飯も苦しくて食べられないし、会話もままならないくらいに鼻が詰まります。

ここまでくると依存症か?と自分を疑ってきます。点鼻薬自体が自分の鼻を悪くしていることにここで気付きます。でも、あまりの鼻詰まりのつらさに、詰まったらまた点鼻薬をするという悪循環から離れられずにいました。

 

点鼻薬を使っていなかったころの自分に戻りたいと何度も思いました。でも、やめられないんです。この状態が2年間続きました。

まだ今ほどにネット世界じゃなかった当時ですが、調べていると自分と同じ人がいることを知りました。

調べるとこれを解消する方法は手術しかないと知らされます。しかも、手術をしても再発することがあると知り、絶望しました。

自分は死ぬまで一生点鼻薬とともに生きていくしかないんだ・・・と半分諦めていましたね。

鼻が詰まるって本当につらいです。鼻で息できないんです。おばあちゃんになっても点鼻薬をやってる自分を想像して悲しくなりました。

ある時私は、点鼻薬がない自分に慣れようと決意します。これが点鼻薬依存症から抜け出した私の第一歩でした。

 

我慢する日々

まず、点鼻薬を捨てました。もう二度と買わないと自分に誓いました。

一日6回点鼻薬する生活から一度も点鼻薬しないで苦しいのを我慢する生活が始まりました。

最初は本当につらかったです。一番つらいのはご飯のときと寝るとき。息切らしながらごはん食べてたなぁ笑

口閉じてる間は息ができないからね。本当に苦しそうにごはん食べてたと思う。

 

でも、死の間際まで点鼻薬をしてる自分を想像したら、鼻が詰まってるのを我慢する方がマシだと思って頑張って我慢しました。

変化が現れたのはそれから半年。よく我慢したと思います。鼻が常時詰まってて口呼吸するのが当たり前になってました。でも、なんだか鼻の詰まり加減が少しずつ改善してきているように感じていました。

鼻の奥がパンパンに腫れて詰まっている感じだったのが、少しだけ空気が通ってる感じ。

すこし希望が見えてきました。

そしてさらに半年。口を閉じても鼻で息が出来るようにまで回復しました!たまに苦しさを感じることもあったけど、ほぼ普通の生活に戻れた感覚でした!

治った!!と自分で完治宣言!

完全鼻詰まり状態から完全鼻呼吸できるまで1年かかりました。

本当に絶望の淵に立ってたから、治ったんだと自分で実感したときは本当に嬉しかったです。子供生んだときより嬉しかったかも。。

あれから6年ほど経ちました。

 

6年後の今

 

今は点鼻薬依存症だったことも忘れ私の鼻は平穏に暮らしています。

あのつらい日々には絶対に戻りたくありません。今、点鼻薬依存症で苦しんでいる人がいたら、つらいかもしれないけど点鼻薬をやめることが依存症から抜け出せる一歩だと伝えたいです。

私の鼻は治りましたが、たまに鼻詰まりがぶり返すことがあります。でも、短時間我慢していれば治ります。詰まりっぱなしってことはありません。

本当に治ってよかったです。幸せです。点鼻薬を続けていたらきっと地獄の毎日だったと思います。

鼻炎持ちなので普通のひとより鼻は弱く悩みも多いですが、点鼻薬依存症を思えば大したことないなと思います。

私はそんな経験をしているので、まわりに点鼻薬を使おうとする人がいたら絶対に止めます。今は点鼻薬でもいろいろな種類のものが発売されていて、症状によって使い方を分けたりできるんでしょうけど、どんなものでも点鼻薬は使いません。

とくに、夫や子供には絶対に使わせない。点鼻薬依存症はそれほどつらいことだから。大切な人につらい思いはさせたくないし、鼻に悩む時間は無駄ですからね。

 

点鼻薬で苦しんでいる人

もし、この記事を見ている人で点鼻薬に悩んでる人は今すぐに点鼻薬を使うことをやめてください。

いや、今すぐじゃなくても良い。あと3日使って使ってからでもいい。でも、その間に何年か、いや、もしかしたら死ぬまで鼻が詰まってるかもしれないけど、それを覚悟してほしい。そうしてから点鼻薬を使うのをやめてほしい。

死ぬまで点鼻薬に翻弄され、死ぬ間際まで点鼻薬をやってる自分を想像してみて。死ぬまで点鼻薬買うことを想像してみて。苦しくてもいいじゃない。一生点鼻薬なんてバカみたいじゃない?

ね、点鼻薬やめてみない?

手術なんてしなくても私みたいに自然に治る人もいるんだよ。ていうか手術しないと治らないなんて誰が決め付けたの。私は治ったよ。

がんばろうよ。

 

今日はこのへんで。

 


スポンサーリンク






スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です